山の上に見える白い建築物~肥前仏舎利塔~

神社・仏閣

佐賀市から武雄方面へ国道34号線を走る際、毎回息子に尋ねられました。
「あの山の上にある白いものは何?」

これは違う方面からの写真ですが、国道34号線では牛津大橋を渡る辺りで、丁度正面に見えます。
「形的にたぶん仏塔だと思うけど・・・」と答えてはいましたが、息子からすれば仏塔ってなんやねん状態。
しかし最近世界史の本で息子が仏教の始まりを学んだようでしたので、せっかくだから行ってみますか~と家族でドライブがてら行ってきました♪
ということで本日は小城市牛津町にあります肥前仏舎利塔をご紹介します!

そもそも仏舎利とは釈迦の遺骨のことです。
つまり仏舎利塔とは釈迦の遺骨が納められている仏塔のことですね。
と言っても、肥前仏舎利塔に釈迦の遺骨が納められているわけではありませんけどね(*´▽`*)
日本全国でも本当に釈迦の遺骨が納められているのは3ヶ所だけとか、信憑性がるのは1ヶ所だけとか諸説あるようです・・・。

それほど高い山ではないので時間は然程かかりませんが、途中から道はかなり狭め。

すれ違い不可能な場所も多くあるので、坂道をバック出来る人でないと少々厳しいかもしれません。
ちなみに私は絶対に無理( ̄д ̄)
さぁ着きました。

近くで見るとなかなかの迫力です。

階段下にスリッパが置かれていますので、そちらで靴を脱いで履き替えます。
しかしその前に!

コチラの肥前仏舎利塔、実は有名な展望スポットでもあるそうで、ベンチもこんなに並べられています。

確かにとーっても美しい景色でした♡
夜景はもっと素敵なんですって!!
でも夜にあの狭い山道を登るのはハードルが高いな・・・。
それでは今度こそ仏塔に登ってみましょう。

正面は説法印とよばれるポーズの仏様。
お釈迦様がお弟子さん達に説法なさる時の姿を現しているそうですよ。
ぐるっと回ってお次はコチラ↓

こちらは有名なポーズですね。
天上天下唯我独尊と唱えた時のポーズ。
そしてさらに回ってお次はコチラ↓

入滅する際の涅槃仏ですね。
たしか福岡県にかなり大きな涅槃仏像があるんですよね、いつか行ってみたい♪
またまた回ると最後はコチラ↓

これはおそらく降魔仏。
釈迦が悟りを開く際に邪魔をしてくる悪魔を払うポーズだったかな?
間違ってったらごめんなさい(>_<)

どの仏像も本当に素敵なんですが、なんせ足元は真っ白。

もう日光の反射で眩しいのなんのって( ̄▽ ̄)
もしかしたらお釈迦様が神々しすぎたためかもしれませんが、とにかく眩しくて目が開かない(笑)
夏に行くとめちゃめちゃ暑いので、これからの季節がお勧めです!

この塔からの景色だと先ほどのベンチより1段高いのでより綺麗に見えます。

うーん夜景、見てみたいですね。

いかがでしたでしょうか?
遠くからは見たことあるけど・・・という方、是非一度足を運んでみてください☆

場所:〒849-0305 佐賀県小城市牛津町上砥川2256
駐車場:有(無料)


コメント

タイトルとURLをコピーしました